大学案内
大学のあゆみ

歴史と伝統を持つ、
カトリックミッション校

1859年(安政6年)
キリストのみことばを、隣人への奉仕という形で実践するために、フランスのショファイユで、本学の母体である「幼きイエズス修道会」が誕生しました。
1877年(明治10年)
4人の修道会会員によって、この愛の火が日本にもたらされました。会員の一人シスター・マリー・ジュスティヌは、まず子どもたちの養育事業を始めました。
1884年(明治17年)
本学の基盤となる信愛女学校が、大阪外国人居留地(現西区川口町)に開設されました。
1908年(明治41年)
大阪信愛高等女学校が設立されました。
1932年(昭和7年)
大阪信愛高等女学校が現在地に移転されました。
1951年(昭和26年)
学校法人大阪信愛女学院と組織変更が認可されました。
1956年(昭和31年)
中学校、高等学校、小学校、幼稚園に続いて短期大学の前身である幼稚園教員養成所が開所されました。
1959年(昭和34年)
短期大学設立、保育科が設置されました。
1961年(昭和36年)
家政科が増設されました。
1970年(昭和45年)
保育科が初等教育学科に改組されました。また、家政科を家政学科に改称しました。
1984年(昭和59年)
教育事業創設100周年を迎え、記念式典、記念行事が開催されました。
1988年(昭和63年)
家政学科を母体に、生活文化学科が発足しました。
2001年(平成13年)
人間環境学科が生活文化学科から名称変更し、新キャンパスにてスタートしました。
初等教育学科において、新たに保育士資格取得が認可されました。
2003年(平成15年)
初等教育学科(城東キャンパス)が全面改築して、新たにスタートしました。
2004年(平成16年)
学院創設120周年を記念し、城東キャンパス内にチャペルが建立されました。
2007年(平成19年)
短期大学基準協会による第三者評価において「適格」であるとの認証を受けました。
2009年(平成21年)
ショファイユの幼きイエズス修道会創立150周年、大阪信愛女学院教育事業創設125周年、短期大学開学50周年を迎えました。
新しく看護学科が開設されました。(人間環境学科募集停止)
2012年(平成24年)
初等教育学科を「子ども教育学科」に名称変更し、保育士資格・幼稚園教諭免許・小学校教諭免許の3つを同時に取得できるようになりました。
2018年(平成30年)
大阪信愛女学院短期大学を大阪信愛学院短期大学に改称しました。
創立者シスター・マリー・ジュスティヌ
創立者シスター・マリー・ジュスティヌ
来日した4人のシスター
来日した4人のシスター
昭和29年当時の大阪信愛女学院
昭和29年当時の
大阪信愛女学院
創立者シスター・マリー・ジュスティヌからの手紙
創立者シスター・マリー・ジュスティヌからの手紙
JACA
本学は、平成27年3月、短期大学基準協会による第三者評価において「適格」であるとの認証を受けました。
ページの先頭へ戻る